×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

古本屋あなもん≪second-hand bookshop : anamon≫
 HOME | 購入方法 | 本の状態表示[詳細版] | MAIL
《本の状態表示》:A〜美本/B〜標準的な古本レベル(B+:より美本に近いもの・B-:シミ・ヤケなどが目立つもの)/C〜汚れや破損などかなり状態の悪いもの
目録の内容;番号→書名→著者名→出版社→発行年→版→販売価格→状態+内容
NOVELO&ESEO小説・エッセイ・批評・評論[Japanio]:
Nov.ja.-363/松永伍一対談集/松永伍一/家の光協会/1978年第1刷/¥600/B− (ヤケ・シミ)
 真壁仁/大村しげ/岡本文弥/キリコ・タク/木村東介/山内みな/西郷輝彦/江原恵/池田一憲/縄田林蔵/隅元エキ子/山田洋次/金子静江/原田宏/水上勤/筑紫美主子
 高橋良蔵/丸杉孝之助/篠田正浩/深沢七郎/岡部冬彦/清水哲男/米倉斉加年
Nov.ja.-354/悲しいだけ/藤枝静男/集英社/1979年第5刷/¥600/B [函入] (少シミ)
〈藤枝文学の“極北”と称讃された感動の名作、野間文芸賞受賞の『悲しいだけ』〉
収録作品:滝とビンズル/在らざるにあらず/出てこい/雛祭り/悲しいだけ/庭の生きものたち/雉鳩帰る/半僧坊
Nov.ja.-356/私のなかの他人 エッセイ集/日野啓三/集英社/1975年第1刷/¥800/B (経年のヤケ・シミ)
 T 枠のない自画像 / U 闇のなかの呟き / V 出会い / W めまいの年の記録
Nov.ja.-353/あの夕陽/日野啓三/集英社/1976年5刷/¥900/B〜B− (経年のヤケ・シミ)
収録作品:あの夕陽/野の果て/無人地帯/対岸/遠い陸橋/私の原風景
Nov.ja.-352/蛇のいた場所/日野啓三/集英社/1980年第1刷/¥1000/B [函入] (少シミ)
―青く凝縮した風景の奥からかすかな叫び声が聞こえる | 〈記憶の闇を照射する初源の光を描き、著者独自の冴えをあますところなく示す作品集。〉
収録作品:赤い月/細胞一個/蛇のいた場所/黒い水/雪女/窓の女神/果ての谷
Nov.ja.-351/日野啓三短篇集 上下〈2冊〉/日野啓三/読売新聞社/1996年第1刷/¥2000/B〜B−
 (カバー折込部分と本体にテープとめ痕、経年のヤケ・シミ)
上巻=〈初期から最新作までの中で、著者が自ら選んだ、上下巻あわせて16編を収録。著者が新聞記者だったころ、特派員として赴いたベトナム戦争のことを、帰国後つづった初の小説
     「向こう側」等を収録。〉 収録作品:向こう側/此岸の家/聖家族/天窓のある家/夢を走る/孤独なネコは黒い雪の夢を見る/七千万年の夜警/鏡面界/風を讃えよ
下巻=〈30年の足跡から著者自らが選んだ短篇集。ガン手術の直前、奥多摩渓谷の水音と闇に、生死の深淵を覗く絶品「牧師館」、病い癒えてからの言葉への信仰告白ともいえる「古都」
     などを収録。〉 収録作品:光る荒地/林が林でなくなるとき/黒い天使/牧師館/断崖にゆらめく白い掌の群/火星の蒼い花/古都
Nov.ja.-360/太宰治とその時代―含羞のひと/松本健一/第三文明社/1982年初版第1刷/¥1000/B (少ヤケ)
 含羞のひと/時代と〈自然〉/〈滅亡〉の自己肯定/抵抗精神の形象化/ユダの逆説/デカダンスの馴致/語り部の時代的意味/民族的エトスの陥穽/虚妄の意識/滅びへの秘かな決意
 最後の闘い/絶望的求愛の言葉を残して

Nov.ja.-359/道化師と神―SF論序説/中島梓/早川書房/1984年再版/¥800/B〜B− (カバー=擦れ・傷)
 日本SFの現在/SFとは何かについての一考察/センス・オヴ・ワンダーについて―パンドラの匣/道化師と神(一)(二)/パルプ雑誌の聖者/日本SFには何ができるか
Nov.ja.-358/夢の棲む街・遠近法/山尾悠子/三一書房/1982年第1版第1刷/¥―/B [函入]
 夢の棲む街 | 遠近法 / 遠近法・補遺 | 傳説 / 繭
Nov.ja.-357/カストロバルバ―エッシャー宇宙の探偵局/荒巻義雄/中央公論社/1983年/¥500/B
 物見塔の殺人 / 無窮の滝の殺人 / 版画画廊の殺人 / 球形住宅の殺人 / 蟷螂の夢―あとがきに代えて
Nov.ja.-345/人類のあけぼの号/内田庶/鶴書房盛光社/?年/¥―/B− (最終の遊び紙にペン痕、頁折れ有り、天・小口・地=ヤケ・シミ)
―SFベストセラーズ|そうてい・桜井誠/さし絵・山中冬児 〈仮死からめざめた未来世界で、父親殺しの極悪人にされていた少年。真犯人はだれだ?〉
解説・SF入門10講「人工冬眠の未来」福島正実
Nov.ja.-346/学園魔女戦争/宮崎惇/鶴書房/1978年初版/¥―/B〜B− (経年のヤケ・シミ)
―SFベストセラーズ|カバー・さしえ:中村宏 〈襲いかかるハチの群は、一瞬炎と化した!彼女はエスパー、「魔女」なのだ!〉
品切れ/消えた町/光瀬龍/鶴書房/1978年2版/¥―/B〜B− (経年のヤケ・シミ)
―SFベストセラーズ|カバー・さしえ:武部本一郎 NHK放映〈幽霊を見た、とおびえる美しい少女。彼女の家の階段は異次元へと通じていた!〉
品切れ/消えた町/光瀬龍/鶴書房/1978年初版/¥―/B− (ヤケ・シミ)
―SFベストセラーズ|カバー・さしえ:武部本一郎 NHK放映〈幽霊を見た、とおびえる美しい少女。彼女の家の階段は異次元へと通じていた!〉
Nov.ja.-349/タイムマシンのつくり方/広瀬正/河出書房新社/1973年5版/¥500/B− (ヤケ・シミ)
〈二つの隆起と三つの穴を持つ奇妙な出土物をめぐって議論を戦わせる学者たち。タイムマシンで連れてこられた古代人の意外な答えは…。著者のSF処女作であり、星新一に激賞された
傑作「もの」をはじめ、「時間」を自由自在に操るタイムマシンの魅力にとりつかれた人々の悲喜劇を多彩な切り口で描いた短編とショートショート24編を収める作品集。〉
Nov.ja.-350/マイナス・ゼロ/広瀬正/河出書房新社/1973年4版/¥600/B− (ヤケ・シミ)
〈1945年の東京。空襲のさなか、浜田少年は息絶えようとする隣人の「先生」から奇妙な頼まれごとをする。18年後の今日、ここに来てほしい、というのだ。 そして約束の日、約束の場所で
彼が目にした不思議な機械―それは「先生」が密かに開発したタイムマシンだった。時を超え「昭和」の東京を旅する浜田が見たものは?失われた風景が鮮やかに甦る、早世の天才が遺した
タイムトラベル小説の金字塔。〉
Nov.ja.-341/新版SFの世界 付録・SF事典/福島正実/三省堂/1976年初版/¥600/B〜B− (天・小口に目立つシミ・少汚れ)
SFとは何か/宇宙人はいるか/円盤学入門―空飛ぶ円盤をめぐって/SF宇宙人類学(その1 炭素型生物)/SF宇宙人類学(その2 非地球型生命)/人類滅亡の日/偶発と狂気の物語
未来の宇宙旅行/未来のモラル/未来ショックと未来SF/ロボット物語/ミュータントと超能力者/時間と次元を超えて/SFベスト100―SF読書の手引き/SF事典
Nov.ja.-342/SFとは何か NHKブックス512/笠井潔【編著】/日本放送出版協会/1986年第1刷/¥500/B
〈SF(サイエンス・フィクション)は、あらゆるジャンルに拡大し、一つの文学ジャンル/ムーブメントといった範疇を超えつつある。このような時代状況を受けて、従来の分類・体系化といった
方法を廃し、SFをまず一つの小説としてみつめ直す。 さらにその発生/展開史に立ち返り、セルバンテスに始まる近代文学の多様な成果の中に、SFの試みを位置づける斬新な試み。〉
Nov.ja.-343/SF作家オモロ大放談/いんなあとりっぷ社/1976年初版/¥500/B〜B− (天・小口に目立つシミ・少汚れ)
出席者:小松左京・筒井康隆・星新一・石川喬司・大伴昌司・豊田有恒・平井和正・矢野徹
Nov.ja.-344/SFの時代―日本SFの胎動と展望/石川喬司/奇想天外社/1977年第1刷/¥600/B (経年のヤケ・シミ)
装幀:平野甲賀 | 作家論のためのノート / SF・夢の文学―初心の周辺 / 時評―同時代の記録
古本屋あなもん≪second-hand bookshop : anamon≫