×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

古本屋あなもん≪second-hand bookshop : anamon≫
 HOME | 購入方法 | 本の状態表示[詳細版] | MAIL
《本の状態表示》:A〜美本/B〜標準的な古本レベル(B+:より美本に近いもの・B-:シミ・ヤケなどが目立つもの)/C〜汚れや破損などかなり状態の悪いもの
目録の内容;番号→書名→著者名→出版社→発行年→版→販売価格→状態+内容
MUZIKO@音楽本・その9〜
中古CD
音楽本:楽譜・スコア/音楽関連映画・ 公演パンフレット
      その1/その2/その3/その4/その5/その6/その7/その8/その9
Muz-0904 / THE GLAM YEARS
21世紀へのROCKの遺産―音楽専科復刻シリーズ〈13〉
音楽専科社 / 2001年 / ¥― / B
―音楽専科社創立30周年記念企画
 〈70年代前半にイギリスで起こったグラムの波を中心に復刻。
  デヴィット・ボウイ、Tレックス、ロキシー・ミュージックなど。〉



Muz-0903/プログレッシヴ・ロックの哲学/巽孝之/平凡社/2002年初版第1刷/¥700/B
 〈キング・クリムゾン、ELP、ピンク・フロイド、イエス、レフュジー…その崇高の美学を読み解く。〉
 第1部 キメラの音楽―プログレッシヴ・ロックとは何か / 第2部 キメラの文学―プログレSF論序説
 第3部 キメラの聖典―プログレッシヴ・ロックの名盤20
Muz-0905 / ジェフ・ベック 孤独の英雄伝説
なかむらよういち【著】 石坂敬一【監修】
シンコー・ミュージック / 1978年初版 / ¥2200 / B

 (カバー=背上下部少傷み、頁割れ有り)
 少年時代 / プロ・ミュージシャンへの道 / ヤードバーズ
 第1期ジェフ・ベック・グループ / ベック、ボガート&アピス
 一匹狼 / 未来へ
 ジェフ・ベック・サウンド分析 / 完全ディスコグラフィー

Muz-0841 / 大ローリング・ストーンズ事典 / 藤井貴之【監修・著】
TOKYO FM 出版 / 1993年初版第1刷 / ¥600 / B

 (カバー=傷・上部少擦れによる傷み)
―The Ultimate Song-graphy of The Rolling Stones
 ストーンズ全299曲、440ヴァージョン解説。 / ABC順全曲リスト
 ストーンズ完全ディスコグラフィー / 入手可能CDガイド
 初心者から超マニアに贈る、著者が選んだこの10枚
 ストーンズ・カヴァー・アルバム紹介 / ストーンズ・サウンドの魅力 ほか

品切れ / 悪魔を憐れむ歌
トニー・サンチェス【著】 石坂敬一【監修】 中江昌彦・大森庸雄【訳】
クイックフォックス社 / 1980年初版 / ¥― / B

 (経年のシミ・汚れ)
―誰も書かなかったロ−リング・スト− ンズの内幕
[原書名:UP AND DOWN WITH THE ROLLING STONES]



品切れ / セックス&ドラッグズ&ロックンロール
白夜書房 / 1989年初版第1刷 / ¥― / B
―SEX & DRUGS & ROCK'N'ROLL
〈ロックンロールはこれまでずっと、セックスとドラッグと楽しくやろうぜ!と歌ってきた。
そこには、体制に対する反抗、権威の横っ面を張り倒す若さ、性的自由の表現、王立美術院
からの束縛のないアート・フォームがあった。50年代をのぞけば、音楽業界はそれを百も承知
の上で、商品を売るのにセックスを平気で利用してきた。
巨大ビジネスがアナーキーと向かい合った結果のバカ騒ぎを紹介!〉
 光り輝く拷問部屋から、刺激っていうのは生きる活力なんだ(村上龍)
品切れ / ワル! ブリティッシュ・ロック・スタイル戦線
トニー・スチュワート【編】 松村慎一郎【訳】
シンコー・ミュージック / 1994年 / ¥― / B
―シンコー・ミュージックMOOK:COOL CATS 25YEARS OF ROCK'N'ROLL STYLE
スタイルを身に付けろ(トニー・スチュワート)/The Fifties:ロック騒動、カミソリを持て(イアン・デューリー)
The Sixties:トータル・ルック(ポール・ウェラー)/Girlstyle:着飾ったキャリア志向の女たち(シンシア・ローズ)
Glam:粋なスタイルを追う夢(ポール・モーレイ)/The Seventies:反抗、復活、そして残存(ポール・ドゥノイヤー)
The Eighties:長い間、私にはスタイルも優雅さもなかった
Muz-0819 / 空想音楽図鑑 / 岩本晃市郎
TOKYO FM出版 / 1995年初版 / ¥2200 / B
(経年のヤケ、少シミ)
―サイケデリック、プログレッシブ、ロック&フリーク・ビート
「空前のブリティッシュロック・カタログ遂に完成。 ロックは知識だ。」
 〈1960年〜70年代のブリティッシュロックのカタログ。
  約1000組のアーティストをアルファベット順に解説。
  主要作品約1500点のアルバムジャケットは、カラーで掲載。
  巻末には主要レーベルのリスト・カタログをアルバム・シングル別に収録。〉

Muz-0802/ハミングバードの頃 ロックンロール・コレクション@/山川健一
東京書籍 / 1990年 / ¥600 / B
[CD付] (経年のヤケ)
 虹の橋の手前のロック―ストーリィが始まる前に/甘くて短かったブライアン・ジョーンズの生涯
 ジミ・ヘンドリックスに天使の微笑みを/シド・バレットへ宛てたピンク・フロイドのバラード
 君が読んでいた本の表紙が見えた―ザ・キンクス/われわれの傷としてのジョン・レノン
 スロウハンドが獲得した美しい夜―エリック・クラプトン/ふたつの腕は短いのに、ポケットが長いんだ―ロッド・スチュワート
 ルー・リードが歩いてきたワイルド・サイド/ロギンス&メッシーナの〈プー横丁にたった家〉
 あの頃たった一人で聴いていたレオン・ラッセル
品切れ / レッド・ツェッペリン物語
スティーヴン・デイヴィス【著】 中江昌彦【訳】
CBS・ソニー出版 / 1989年第6刷 / ¥― / B
[原書名:The Led Zeppelin Saga]
〈レッド・ツェッペリンは悪魔のバンドか!?レッド・ツェッペリンは、成功と巨万の富と、
人なみはずれたカリスマ性と交換に、魂を悪魔に売りわたした!?〉
 1 行くあて知らずのブルース特急/2 ツェッペリン浮上/3 イヤー・オブ・ザ・シャーク
 4 ヴァルハラへ 5 秘密結社/6 暴動ハウス/7 スターシップ号/8 翼の折れたエンジェル
 9 誰の過ちでもなく/10 パワー、神秘そして天罰/11 黄昏/12 コーダ
 DISCOGRAPHY
品切れ/レッド・ツェッペリン 天国への階段/リッチー・ヨーク【著】奥田裕士【著】
シンコー・ミュージック/1992年初版/¥―/B−

 (カバー擦れ・傷・折込部分折れ目、経年のヤケ・シミ・頁割れ有り)
[原書名:LED ZEPPELIN : THE DEFINITIVE BIOGRAPHY ]
〈唯一で最後のツェッペリン伝。長年にわたりただひとり取材を許された著者リッチー・ヨークが、
新たなる独占インタビューを中心に、数々の伝説を蘇らせた。〉
 第1章 レッド・ツェッペリン前史/第2章 ジミー・ペイジの修行時代/第3章 レッド・ツェッペリン号発進
 第4章 躍進/第5章 新たな10年、新たな展開/第6章 天国への階段/第7章 聖なる館
 第8章 スワン・ソング・レーベルの設立/第9章 続出するトラブルと『プレゼンス』/第10章 永遠の詩
 第11章 イン・スルー・ジ・アウト・ドア/第12章 5人目のレッド・ツェッペリン/第13章 ランブル・オン
 第14章 もしも、もしも…
品切れ / デヴィッド・バーン:ビート・サイコ
ジョン・ハウエル【編著】 F・ストップ・フィッツジェラルド【撮影】 平石律子【訳】
大栄出版 / 1994年初版第1刷 / ¥― / B
―ARTISTIC NEW YORK Vol.1
 マン・イン・メディア:バイオグラフィー的エッセイ/アーティスト・イン・ダイアローグ:創作過程を論じるロング・インタヴュー
 ニュー・リリース:バーンがツアー中に撮影したスナップの数々/〈レイ・モモ〉ツアー日記:北米、南米ツアー中にバーンが
 記した日記の一部を公開/タイムライン:レコード、フィルム、ヴィデオの全記録 / 日本版解説:今野雄二
Muz-0889 / ボノ インタヴューズ / ミーシュカ・アサイアス【著】 五十嵐正【訳・監修】
リットーミュージック / 2006年初版 / ¥1000 / B
 〈歌になっていない語るべき物語がある。 U2・ボノ、三〇万字インタヴュー。〉    NOVA!
Muz-0651/U2 EXCEED PRESS POP CULTURE SERIES/和久井光司
エクシードプレス / 1999年初版第1刷 / ¥900 / B

―U2の英国盤シングルすべてと関連作品のジャケットをカラーで掲載





Muz-0629/ヘヴィ・メタル・ギタリスト列伝/前田岳彦
シンコー・ミュージック / 1987年初版 / ¥1200 / B
(蔵書印有り)
表紙:Randy Rhoads
 第1章 ヘヴィ・メタル・ギタリスト烈伝
 第2章 メタル・サウンドに影響を与えたギタリスト達
 第3章 ハード・ロックの変遷とギタリスト群像
 第4章 ハード&ヘヴィ・アルバム・ベスト50
 第5章 ハード&ヘヴィ・ビデオ・ベスト20

品切れ/ピンク・フロイド 吹けよ風、呼べよ嵐/立川直樹
新興楽譜出版社 / 1978年2版 / ¥― / B−

 (経年のヤケ・シミ、全体的に頁割れ・綴じ歪み)
 (経年のヤケ・シミ、全体的に頁割れ・綴じ歪み)
 ピンク・フロイド・ストーリー ―狂気の道程
 アルバム紹介・サウンド分析
 ステージ・サウンド・システム解明
 ピンク・フロイド 映像の世界

Muz-0700 / 華やかな孤独―フレディー・マーキュリー
リック・スカイ【著】 中村美夏【訳】
シンコー・ミュージック / 1992年初版 / ¥― / B
(カバー上部少擦れ)
[原書名:THE SHOW MUST GO ON : THE LIFE OF FREDDIE MERCURY]
 〈フレディー・マーキュリー、AIDS死の真相に迫る衝撃の書。
  スーパースターとして、同性愛者として、ひとりの人間として、彼の人生とは…。
  死に至るまでの、華やかで孤独な男の生涯が、
  数多くの関係者、友人の証言で明らかにされる。〉




品切れ / クイーン特集号 ミュージック・ライフ臨時増刊号
シンコー・ミュージック / 1975年10月 / ¥― / B

― 特大カラー・ポスター&声のメッセージ・ソノシート付

 カラー〈巻頭〉:Queen ON STAGE / QUEEN WITH ML AWARDS / QUEEN IN JAPAN
 カラー〈巻末〉:QUEEN AT RIDGE FARM / QUEEN IN LONDON / QUEEN AT REHERSAL
          QUEEN IN U.S.A
 モノクロ&記事:フレディのページ/ロジャーのページ/ジョンのページ/ブライアンのページ
    クイーン あの時、こんな時/QUEEN IMAGES IN POETRY(詩・松宮英子)
    QUEEN IN JAPAN クイーン、日本の思い出/クイーン特別インタビュー総集編
    フレディー・マーキュリー・インタビュー/クイーン、その栄光の軌跡/クイーン・ストーリー
    クイーン・ディスコグラフィー/クイーン年表
    3人の執筆家によるクイーン・アレコレ(星加ルミ子・岡田英明・水上はるこ)
    まだ誰も知らないクイーンの素顔/クイーン・サウンドの魅力(東郷かおる子)
    クイーンの愛用楽器徹底調査 etc.

品切れ/笑ケース ミュージック・ライフ『He Said She Said』10年史
東郷かおる子【編】
シンコー・ミュージック / 1982年初版 / ¥― / B
(カバー少傷、経年のヤケ)
 〈ミュージック・ライフのもうひとつの顔として、読者がつくり出した
  [He said She said]。 10数年にわたって、人気・実力とも一線級の
  ロック・スター達が、ハゲ・ケチ・出っ歯と、読者からのユーモアあふれる
  熱愛ぶりで次々と登場。本書は、読者がつくる72年から82年の
  ロック史なのである。〉
品切れ / QUEEN 伝説のチャンピオン
ビバ・ロック臨時増刊 QUEEN結成15周年記念特別編集
音楽専科社 / 1987年3月 / ¥― / B〜B−

 (表紙=傷・角折れ目、裏表紙=傷、最初の4p小口側微破)
― A VISUAL DOCUMENTARY BY KEN DEAN
 1971 クイーンの名を使った初のライヴ
 〜 1986 ウエンブリーとネズワース〜大々的なイギリス・ツアー

Muz-0615 / チャーリー・セクストン・イン・ジャパン
       ミュージック・ライフ6月臨時増刊号
シンコー・ミュージック / 1986年 / ¥1200 / B
(綴じ込みポスター欠)
CHARLIE SEXTON IN JAPAN PHOTO DOCUMENTARY
 熱写・特写・大激写!!〈Part1&2〉/ライヴ・スペシャル
 “僕の日本滞在日記”/チャーリー自身が解説する“チャーリー・セクストンAtoZ”
 チャーリー・セクストン・バンド・ワン・バイ・ワン/軌跡−デビューから今日まで etc.


品切れ / ロック・シーン ロック界の人間模様 / 水上はるこ
シンコー・ミュージック / 1973年初版 / ¥― / B
 [1]ブリティッシュ・ロック―ロック界の三大ギタリストを生み出した母体
 [2]ウエスト・コースト・サウンド―ヒッピー文化のユートピア
 [3]スワンプ・サウンズの立役者たち―エリック・クラプトンを魅了した南部の夢
 [4」アサイラム・レコード―ミュージシャンの理想郷 / [5]グルービー―咲き誇る日陰の花
 [6]ニューヨーク・ロック―スーパー・セッションの時代 / [7]シカゴ―ホワイト・ブルース発祥の地
Muz-0553 / ジャニス ブルースに死す
デイヴィッド・ドルトン【著】 田川律・板倉まり【訳】
晶文社 / 1975年5刷 / ¥900 / B
[原書名:JANIS]―ソノシート付
 〈ジャニスを忘れることはできない。からっぽの心をブルースに託し、
  不意に私たちの眼前で叫ぶように死んでしまったジャニスを。
  多数のインタヴュー、評論、写真、楽譜等によって、彼女の生涯と音楽を
  あますところなく再現する、決定版ジャニス・ジョプリンのすべて。〉

品切れ / 魂 ホワイトスネイク写真・詩集
長谷部宏【写真】 山本安見【訳詩】
シンコ−・ミュ−ジック / 1981年初版 / ¥― / B

 (表紙・裏表紙=若干擦れ・傷、最初と最終頁割れ)
 デヴィッド・カヴァーデール、バーナード・ジョン・マースデン、マイケル・ジョセフ・ムーディ、
 フィリップ・ニール・マーレイ、ジョン・ダグラス・ロード、イアン・アンダーソン・ペイス[在籍]
  日本でのLIVE&OFFの写真と歌詞で構成。
  巻末に[栄光の軌跡 1976―1981]あり。




品切れ / ホワイトスネイク WHITESNAKE
サイモン・ロビンソン【著】 奥田祐士【訳】
CBS・ソニー出版 / 1989年初版第1刷 / ¥― / B
[原書名:White snake]
 第1章 アーリーデイズ/第2章 ディープ・パープル脱退〜ファースト・ソロ・アルバム
 第3章 〈NORTHWINDS〉〜ホワイトスネイク・マーク1
 第4章 バック・トゥ・ザ・ルーツ・ツアー〜ジョン・ロードの加入
 第5章 LP〈TROUBLE〉とツアー〜〈LOVEHUNTER〉/第6章 〈READY AN’WILLING〉
 第7章 〈COME AND GET IT〉とツアー
 第8章 〈SAINTS & SINNERS〉コージー・バウエル、メル・ギャレー、コリン・ホジキンソン加入
 第9章 〈SLIDE IT IN〉ニール・マーレイの復帰、ジョン・サイクス加入
 第10章 〈SLIDE IT IN〉〜ロック・イン・リオ/第11章 ニューアルバムと新ラインナップ
 第12章 〈WHITESNAKE〉〜1989年
 ホワイトスネイク・ダイアリー/ディスコグラフィー  [現在入手不可]
品切れ / フォーキー・ミュージック / 鈴木カツ
シンコー・ミュージク / 1996年初版 / ¥― / B
―アコースティック・ビート・セレクション530
〈ウディ・ガスリー、ジャック・エリオット、ボブ・ディランなどフォーク系ロックミュージシャンのアルバム
530枚をジャケット写真付きで紹介、解説。巻末に五十音順の人名・グループ名索引あり。〉
第1章 アコースティック・ビートのオリジネイターたち/第2章 フォーキーなロック銘盤をゲット!
第3章 ウッドストック・フォーク伝説/第4章 ニューヨーク・フォーク・シーンを語る
第5章 フォーキー・ブルースの先駆者たち/第6章 路上のブルース“ホーボー・ソング”
第7章 アコギの天才、クラレンス・ホワイト/第8章 ルーツ・オブ・フォーキー傑作盤
第9章 フォーキー・サウンドに酔いしれて/第10章 わが心のアコースティック・ギターCD
[絶版]
Muz-0518/水晶の扉の向こうへ―ロック・オリジナル訳詞集1
思潮社 / 1989年第1刷 / ¥600 / B〜B−

 (カバー=擦れ・傷・微破等傷み)
 村上龍×ザ・ドアーズ/高橋源一郎×フランク・ザッパ
 山川健一×ロッド・スチュアート、ザ・ポリス、U2/友部正人×トム・ウェイツ
 遠藤ミチロウ×P.I.L./遠藤賢司×ラモーンズ/あがた森魚×E.B.G.
 忌野清志郎×プレスリー、エディ・コクラン、高橋佐代子×ニナ・ハーゲン、プリンス


Muz-0502 / OUR CHOICE / 和田晃太郎【編】
ブルース・インターアクションズ / 2001年初版 / ¥700 / B
 COOKIE SCENE BOOKS
 「名盤」よりも「愛聴盤」!アンチ・レア・グルーヴ!
 〈60〜80年代のロック・アーティスト100組以上を、1アーティスト1見開きでとりあげ、
  担当した書き手自身が、リスナーとしての自分の経験をとおして一番「いい!」と思える
  当該アーティストのディスクを、彼女の彼の“My Choice”として選ぶ。〉
品切れ/KISS AND MAKE‐UP ジーン・シモンズ自伝
ジーン・シモンズ【著】 大谷淳【訳】
シンコ−・ミュ−ジック
/2002年初版/¥―/B

 (カバー背に折れ目)
 〈KISS結成からフェアウェル・ツアーまでの真相、シェール、ダイアナ・ロスとの恋…
  今初めてすべてを語る。日本語版のみの秘蔵写真満載。〉
   大望と時運/イスラエル時代/ビッグ・ビッグ・アメリカ/ミート・ザ・ビートルズ
   燃えたぎる血気/ニューヨーク、苦闘の日々/キッス降臨/オン・ザ・ロード
   世界の頂点へ/帝国の光と影/ライフ・ウィズ・シェール/仮面の正体
   新たなるメンバーたち/狂宴のプレイボーイ・マンション
   訃報、そして授かった子供たち/キッス・アーミーとの絆/永遠の誓い
Muz-0484 / ザ・ロック・レクイエム 生き急いだロッカーたちへの鎮魂歌
宝島編集部【監修・訳】/JICC出版局/1991年初版第1刷/¥1300/B

 (カバー上部擦れ)
 第1章 象徴(ジミ・ヘンドリックス/ジャニス・ジョプリン/ジム・モリスン/マーク・ボラン
          ブライアン・ジョーンズ;イアン・カーティス;シド・ヴィシャス)
 第2章 伝説(バディ・ホリー/エディ・コクラン/サム・クック/ジーン・ヴィンセント/マーヴィン・ゲイ)
 第3章 悲劇(ジョン・ボーナム/キース・ムーン/トミー・ボーリン/デュアン・オールマン
          ロニー・ヴァン・ザント;ローウェル・ジョージ)
 第4章 神話(ボブ・マーリィ/エルヴィス・プレスリー/オーティス・レディング/ジョン・レノン)

[現在入手不可]
Muz-0478 / 流刑人宣言 ロックを旅する遊子たち / 宮原安春
あすか舎 / 1973年初版 / ¥600 / B−〜C

 (ヤケ、小口傷、カバー傷・上部と背擦れによる傷み、最終頁値札剥がし跡)
 ROCK'N' ROLLER'S MANIFESTO〜衝撃のロック・メッセージついに登場!
  序の奏 睡り そしてまた/壱の奏 流刑人は回帰する
  弐の奏 雨の日は濡れ濡れの流刑人/間の奏 とどのつまり 情況はこうだった
  参の奏 遅れて馳せ参じた革命派/四の奏 流刑人宣言(ロックンローラーズ・マニフエスト)
  終の奏 そして赤い鳥が啼いた


Muz-0866 / ボブ・ディラン―60年代を挑発した風 / 小西慶太
メディアファクトリー / 1992年初版第1刷 / ¥500 / B
―The LIFE STORY|特別寄稿・友部正人
 〈カフェには音楽が、街には革命の気運が溢れ、
  若者は変わりゆく時代の神様を求めていた
  60年ぶりの大雪がN.Y.に降った夜、
  ギターケースを抱えて神様はやって来た・・・〉


品切れ / ボブ・ディラン 指名手配
ジョン・ボールディ【編】 菅野ヘッケル【訳】
シンコー・ミュージック / 1993年初版 / ¥― / B
[原書名:WANTED MAN : In Search of Bob Dylan]
―33の証言をもとに真実のボブ・ディランを探る
 S.A.M.フラータニティ(学生寮)におけるボビー・ジマーマン
 北国の少女 / ニューヨークのボブ・ディラン / 回想 / 理工学生
 ニューポート、1965年 / ディランとウォーホル etc.

品切れ / ボブ・ディラン 瞬間の轍 1・2〈全2冊〉
ポール・ウィリアムズ【著】 菅野彰子【訳】 菅野ヘッケル【監訳】
音楽之友社 / ¥― / B
(経年のヤケ)
[原書名:PERFORING ARTIST : The Music of Bob Dylan]
 ボブ・ディラン瞬間の轍( 1960―1973 ) 1=1992年第1刷
       1 子供時代 1941年5月―1959年8月 / 2 学生時代 1959年9月―1962年4月
       3 メッセンジャー 1962年4月―1963年7月 / 4 フォーク・スター 1963年7月―1965年5月
       5 ポップ・スター 1965年6月―1966年7月 / 6 夫の時代 1966年8月―1973年12月
 ボブ・ディラン瞬間の轍( 1974−1986 ) 2=1993年第1刷
       1 英雄 1974年1月―1974年2月 / 2 詩人 1974年3月―1975年10月
       3 吟遊詩人 1975年10月―1976年5月 / 4 錬金術師 1976年6月―1977年12月
       5 エンターテイナー 1977年12月―1978年12月 / 6 イエスの弟子 1978年12月―1979年10月
       7 伝道者1979年11月―1981年11月 / 8 孤独の人 1981年12月―1984年4月
       9 生きつづける人 1984年5月―1986年8月


品切れ / ボブ・ディラン―果てしなき旅
リチャード・ウィリアムズ【著】 菅野ヘッケル【訳】
大栄出版 / 1993年初版第1刷 / ¥― / B
[原書名:DYLAN : A Man Called Alias]
〈1941年5月24日午後9時、伝説が産声をあげた。ジェイムズ・ディーンから抗うことを学び、
「リトル・リチャードになりたい」とハイスクールの卒業アルバムに記したロバート・ジンママン少年。
少年がボブ・ディランと改名し、1961年1月、N.Y.に降り立ったその瞬間、伝説は歩きはじめた。
様々に変化と成長をつづけるディラン神話を、的確にとらえた初のフォト・バイオ・ストーリー。〉

 ボブ・ディランの夢 / 北国の少年 / 自由の鐘 / ロックの亡霊 / 漂流者の逃亡
 嵐からの隠れ場所 / ローリング・サンダー / 真理の探究 / 果てしなき旅 / ディスコグラフィ
Muz-0715 / ボブ・ディラン―詩の研究
ジョン・ハードマン【著】 三浦久【訳】
CBS・ソニー出版 / 1986年第2刷 / ¥― / B〜B−

 (カバー上部擦れ、経年のシミ)
 [原書名:Voice Without Restraint : Bob Dylan's Lyrics And Their Background]
  序章 オーラル文化の継承者 / 第1章 どんなふうに感じる?
  第2章 物語を語る / 第3章 激しい雨とゆっくりした汽車
  第4章 詩人ボブ・ディラン / 第5章 マスメディアの罠を避け
  第6章 精神の高みをめざして―セイヴド
品切れ/ディランは語る/バリー・マイルズ【編】 三浦久【訳】
クイックフォックス社
/1979年初版/¥―/B
 Bob Dylan In His Own Words.
  ディランは語る―音楽とは、政治とは、宗教とは、映画とは、そして著作とは―。
  英国のジャーナリスト、マイルズが1961年から78年までの歴史的インタビューを
  くまなく集め、ディラン自身の言葉と貴重な写真で“偉大な男”の全体像を
  ドキュメントする。



再入荷!/ ビートルズ詩集:愛こそすべて / 羽切美代子【訳】
新書館 / 1973年第11刷 / ¥1200 / B
ForLadies40
 恋 やさしくて むごいもの
 恋 悲しくて おろかなもの
 イエスタデイ ただひとり 静かに
 きのうの悲しみの こころをいやしたい

[アートディレクト&レイアウト=宇野亜喜良/イラストレーション=藤本蒼/写真*斎藤亢]
Muz-0906 / ビートルズ・カタログ / 又平享【編】
講談社 / 1977年第1刷 / ¥800 / B〜B−
(小口側角擦れ、経年のヤケ・シミ)
―BEATLES ビートルズ・カタログ ジョン・ポール・ジョージ・リンゴ:完全保存版
  海賊版レコード・カタログ166/誌上初公開16mmムービー25
  ポスター・カタログ160/ビートルズ・コレクション
  最新版!ソング・カタログと年表/大研究のためのブック・カタログ228
  あなたの街に発見したアビーロード20

Muz-0907 / ビートルズ・スペシャル 映画ファン11月号臨時増刊
愛宕書房 / 1976年11月 / ¥900 / B〜B−

 (表紙・裏表紙=経年の擦れ・傷、裏表紙折れ目、1箇所若干虫喰い様の傷み有り)
―全米コンサート・ツアーのすべて!|特別付録:折込ジャンボ・スコープ・ポスター
  全米コンサート・ツアー(撮影・長谷部宏)
   ―CHICAGO・NEW YORK・LOS ANGELES・SAN FRANCISCO
  ビバリー・ヒルの休日/育ての親 B・エプスタイン/全米コンサート・ツァー・メモ ほか
  ビートルズの音楽 EMIスタジオのレコーディング(星加ルミ)
  ビートルズ NOW あれから10年 いま彼らは・・・・・・

Muz-0857 / ザ・ビートルズ・イン・東京 / 舘尾智久【監修】
JAM PUBLISHING CO,LTD|シンコー・ミュージック/1986年第1刷/¥1500/B

―THE BEATLES IN TOKYO AT a.m.3:39 JUNE, 29. 1966
  Introduction / Welcome The Beatles /In Concert
  In Hilton / Hello, Good-bye
  証言:ビートルズ来日劇の舞台裏 ほか



Muz-0858 / BEATLES IN LIVERPOOL―ビートルズ日本未公開写真集
大陸書房 /1988年初版 / ¥1500 / B

 (カバー経年の摺れ)
―ビートルズ・イン・リヴァプール/スター前夜、熱いビートが聴こえる!!
  撮影:ピーター・ケイ
  訳:山本圭
  デザイン:岡本明彦


Muz-0859 / ビートルズも人間だった / デレク・テイラー【著】 山本安見【訳】
青年書館 /1976年 / ¥800 / B−

 (ヤケ・シミ〜天シミ多)
―その苦悩と感動の回想録
  〈伝説から神話へ・・・偉大なビートルズに最も身近な著者が
  見つめた“人間ビートルズの知られざる真実のすべて〉



品切れ / ビートルズ・サウンド THE BEATLES' SOUND
CBS・ソニー出版 / 1988年第23刷 / ¥― / B

 (少ヤケ)

  第1章―テクニック / 第2章―イクイップメント
  第3章―サウンド / 第4章―レコード



Muz-0694/ビートルズ・アパート ビートルズ解散からジョン・レノンの死まで
ボブ・ウォッフィンデン【著】 小林宏明【訳】

親興楽譜出版社 / 1982年初版 / ¥1500 / B

 (カバー上部擦れ)
―THE BEATLES APART
  CHAPTER 1 分裂の兆し / CHAPTER 2 夢の終わり / CHAPTER 3 平和にチャンスを
  CHAPTER 4 ひとりひとりになって / CHAPTER 5 カム・トゥギャザー
  CHAPTER 6 心の壁、愛の橋 / CHAPTER 7 確立された自己
  CHAPTER 8 彼らは成功に高い代償を払った

品切れ / ミュージック・ライフ増刊 ビートルズ来日特別記念号
親興楽譜出版社 / ?年 / ¥― / B

―music life 増刊号
  封じ込み附録/マル秘ビートルズをキャッチするテクニックと表現(開封済)
  *1966年6月発行の’80年代復刻版です。



Muz-0649/ザ・ビートルズ その栄光の軌跡(改訂増補版)/香月利一【編・著】
音楽専科社 / 1981年5月 / ¥1200 / B

―音楽専科臨時増刊
  追悼・・・ジョン・レノンが撃たれた日!!
  特別フォト・ドキュメント《ビートルズの時代1962−1970》
  ビートルズ来日完全再現 / 激聴!オリジナル・アルバム14
  ビートルズは語る / ビートルズ人名辞典

Muz-0648 / The Beatles BOOK
BEAT PUBLICATIONS LTD.
/ ?年 / ¥1400 / B

  モノクロ&少カラー写真集
  Publisher:SEAN O'MAHONY
  Editor:JOHNNY DEAN
  Beatles Book Photographer:LESLIE BRYCE, A.I.B.P., A.R.P.S.


Muz-0647 / ウイングス、幻の日本ライヴ 音楽専科臨時増刊
音楽専科社 / 1980年2月 / ¥2800 / B

 (綴じ部分擦れによる傷み、最初の頁上部値札剥がし痕変色)
―ポール無念の1月16日
  ポール・マッカートニ―独占インタビュー
  ドキュメント!!―ポール滞在中の全情況
  独占特写!!―来日直前リバプール・コンサート
  ポール事件にみる―海外論調速報

Muz-0646 / ポール・マッカートニー・ニュース・コレクション
細川廣次・岡本康・北山耕平【編】
やじろべえ社:合同出版事業部 / 1980年第1刷 / ¥3800 / B

 (折込ポスター付)
―PAUL McCARTNEY NEWS COLLECTION:LIVE IN JAPAN '80
  HOW THE EIGHTY'S BEGAN IN JAPAN
  INCLUDE HIS FABULOUS BUSTED POSTER!

  〈ポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーに、そして
   彼の「日本公演」に参加した内外のすべての関係者と
   ジャーナリストたちに本書を捧げる・・・。〉

品切れ / ジョン・レノン/サマー・オブ・1980 / オノ・ヨーコ【編】
プロデュース・センター出版局 /1984年 / ¥― / B

 (少シミ)
―John Lennon Summer of 1980
  by Yoko Ono with Nine Photographers





Muz-0645 / John Lennon All You Need is Love SAKURA MOOK6
笠倉出版
/ 1981年第1刷 / ¥1000 / B

―米国マージャム社特約日本版
  レノン死す / ジョン・レノン語録 / ビートルズとマリファナ
  生いたち / ビートルズ誕生 / 1940−1980年代記 / ジョンを囲む人々
  ミュージック / ジョンが創った世界 / ビートルマニア / 芸術家としてのジョン
  ジョンとヨーコ / 殺人者の肖像


品切れ / The Beatles 臨時増刊号 ジョン・レノン追悼号
B・C・C出版
/ 1981年5月 / ¥― / B

 (表紙から数頁軽く折れ)

―ビートルズ研究特集’80秋・冬合併号:The Beatles 編集室【編】
  巻頭特別寄稿:John Lennon そして“5人目のビートルズ”(浜田哲生)
  ジョン・レノン暗殺事件の全貌(ジョン・レノン研究会)/ジョン・レノン―“魂”の軌跡(北野知行)
  ジョン・レノンの「遺産」(水原由紀)/ジョン・レノン年譜&フォト(ジョン・レノン研究会編)


Muz-0643 / ジョン・レノン全曲解説 〈グレイト・ロック・シリーズ〉
ジョニー・ローガン【著】 丸山 京子【訳】
バーン・コーポレーション:シンコー・ミュージック/1998年初版/¥700/B
 [原書名:THE COMPLETE GUIDE TO THE MUSIC OF JOHN LENNON]
 ―のべ151篇の珠玉の楽曲からたどる、ジョンの軌跡。
  ジョンとヨーコの初共演盤『トゥー・ヴァージンズ』からコンピレーション盤『レノン・レジェンド』までの全20枚のアルバム、
  のべ151曲を徹底解説。ジョンのソロ・キャリアをあくまで音楽的視点から鋭く分析。
Muz-0454 / LOVE JOHN LENNON / 金田ハジメ【訳】
新評論
/ 1981年初版第1刷 / ¥800 / B

 (少シミ、別冊付録なし)


  〈彼がわれわれに遺したメッセージは何だったのか?
  フランスの一流人気漫画家40名が、熱い想いをこめて寄せる
  ユーモアとエスプリにあふれて粋でポップな「レノン讃画」!



Muz-0451 / ビートルズ革命
ジョン・レノン/ヨーコ・オノ/ヤーン・ウェナー【著】 片岡義男・三木卓【訳】
草思社
/1972年第1刷/¥800/B

 (カバー裏表紙8mm程破、帯少破、シミ)

 [原書名:Lennon Remembers―The Rolling Stone Interviews]

  〈ジョン・レノンの告白
  《ビートルズとその後》についてジョン・レノン自身が
  解散後はじめて全面的に明らかにした書


品切れ / ジョージ・ハリスン・ストーリー
ジェフリー・ジウリアーノ【著】 豊岡真美【訳】

CBS・ソニー出版 / 1991年初版第1刷 / ¥― / B
 [原書名:DARK HORSE-THE SECRET OF GEORGE HARRISON]
  幼年時代 / 音楽体験 / ビートルマニア
  ジョージとパティ / ビートルズの終焉
  魂の旅路 / フライアー・パーク
  ソロ活動 / 私生活 / 再起

Muz-0450/ビートルズの軌跡/ミュージック・ライフ【編】 渋谷陽一【構成】
新興楽譜出版社
/1972年第2刷/¥600/B
 〈ビートルズの極東出張所と自他共に認めていた“ミュージック・ライフ”の記事は、
 一喜一憂するファンの代表として独自の光を放っていた。
 本書は、デビューから解散に至るまでの波乱に富んだ10年間を
 “ミュージック・ライフ”の記事で再現した、
 貴重なビートルズ追体験ドキュメントである。

 [現在文庫化]
Muz-0448 / ビートルズの不思議な旅
ピーター・マッケイブ/ロバート・D・ショーンフェルド【著】 深町真理子・永井淳【訳】
草思社
/1973年第1刷/¥900/B

 (カバー裏表紙背に沿って1cm程破、天・小口・地シミ)
 [原書名:APPLE TO THE CORE:The Unmaking of the Beatles]
  〈非常な物語
  これはビートルズをめぐる貪欲jと野望と嫉妬とが
  グループを永久に崩壊させるに至った物語である。


Muz-0447/え? ビートルズ奇想天外抱腹絶倒物語
マーク・シッパー【著】 山本安見【訳】
新興楽譜出版社
/1979年初版第1刷/¥700/B
(少シミ)
 [原書名:THE LIFE AND TIMES OF THE BEATLES]
 〈イギリスで初めて出版された時、著者マーク・ジッパーが
  1週間に300本以上の取材攻撃を受けたこの狂気に満ちた本書は、
  笑いと、そして涙なしでは読むことが出来ない、
  感動!?のビートルズ物語である。〉
Muz-0446 / ブラックバード ポール・マッカートニーの真実
ジェフリー・ジュリアノ【著】 伊吹徹【訳】/音楽之友社/1993年第1刷/¥900/B
  ジョンの死と波紋/少年時代/放縦の下積時代/世界の頂点/崩壊/リンダとの愛/ウィングスの人間模様
  日本の監獄での九日間/80年代の挫折と希望/別れ/ポール・マッカートニーとのインタビュー
  デニー・レインとの対話/バック・ビートの生活/ポール・マッカートニーの家系図
  ポール・マッカートニーのバンド史/年譜/ソロ・ディスコグラフィ etc.
Muz-0445 / ラバー・ソウル/ビートルズ / 末次安里
双葉社 / 2001年第1刷 / ¥800 / B
 [プラスチックケース入り:縦約13×横約15cmの小型本](プラスチックケース傷)
 〈『ラバー・ソウル』は、どれも粋で洒落てて軽妙だ。“弾む心”が伝播する。
  過渡期の4人が何を思い、どんな音を求め、どこに進路を見い出したのか。
  彼らの心の軌跡を作品の行間に探り、音色の必然性を問い、“弾む心”の秘密を盗む。〉
Muz-0444/ビートルズ詩集/岩谷宏【訳】/シンコー・ミュージック/1993年第15版/¥700/B
 (カバー折込部分折れ目、奥付の定価をペンで消し、カバー背上部少傷み)
  「―短時間で大量の曲・詞をチェックしてみて感じたのは、たしかに、音楽・感性・思想としてのロックの原点は、
  すべて、ここビートルズ(とくにレノン・ジョン)にあること。ただし、全体としてはすごくあいまいで、ひ弱であること。
  そして、あいまいであるがゆえに大量(=多様)のファンが形成されたことである。それはまるで、ぶちまけた
  パンドラの箱であって、なにもかもがあった。のちにグラムやパンク等によって否定されなければならなかったもの
  も含めて。―」(訳者あとがきより)
Muz-0443/BEATLES’64―走れ!ビートルズ
A HARD DAY'S NIGHT IN AMERICA

カート・ガンサー【写真】 A・J・S・レイル【文】 斎藤早苗【訳】
JICC出版局/1991年第1刷/¥1200/B
(カバー少汚れ・傷等)
 [原書名:BEATLES '64 : A Hard Day's Night In America]
〈それはまさしく“A HARD DAY’S NIGHT IN AMERICA”だった。
押し寄せるファンの群れ、飛びかうジェリービーンズ、沸き上がる歓声、悲鳴―。
かつてない大混乱の中、空港からホテルへ、ホテルからコンサート会場へ、
会場から次の町へと、BEATLESはアメリカを駆け抜けた。
BEATLESを今世紀最高のロックバンドに押し上げるきっかけとなったツアーのすべてを、
多くの未公開写真と、インタビューや当時の新聞・雑誌記事から明らかにした新鮮なドキュメント。〉
Muz-0442 / ビートルズとカンパイ! わたしの出会ったビートルズ / 星加ルミ子
シンコー・ミュージック / 1983年初版 / ¥600 / B
  1 初めての出会い/2 4人の故郷を訪ねて/3 1966、ビートルズ来日!/EMIスタジオにて
  5 全米ツアー同行記・4人の素顔・ジョン&ヨーコ
再入荷!/ビートルズ大百科/ネヴィル・スタナード【著】 パンプキン・エディタース【訳】
CBS・ソニー出版
/1989年第11刷/¥600/B
(経年のヤケ・シミ)

 [原書名:THE LONG & WINDING ROAD : A History of The Beatles on Record]
 〈ブリティッシュ・セクションとアメリカン・セクションというふたつのメイン・パートでは、
 リリース年代順にレコードをリスト・アップし、各々に詳細な解説をつけ、
 付録では、チャート統計やミリオン・セラーなど
 ビートルズの業績が一目でわかるようなリストを掲載。〉


Muz-0440/ビートルズ・エピソード550/香月利一/立風書房/1985年第9刷/¥500/B
 (カバー少傷)
 幼少期〜1977年までの550のエピソードを紹介
 第1章―リヴァプールの思い出/第2章―ミステリー・ツアー T/第3章―ミステリー・ツアー U/第4章―新しき旅立ち
品切れ / YOKO ONO 人と作品 / 飯村隆彦
文化出版局 / 1985年第1刷 / ¥― / B
(経年のシミ)
 YOKO ONO : Portrait・Events・and・Works T/ ヨーコとの出会い―東京・ニューヨーク・ロンドン
 ヨーコ・コンプレックス―日本人から見たヨーコ・オノ論 / ヨーコ・オノのアートT―『グレープフルーツ』の出版とイベント
 YOKO ONO : Portrait・Events・and・Works T/ ヨーコ・オノのアートU―スキャンダルとコンセプト・アート
 ヨーコとの対話―価値の転換を / 僕に「LOVE」をうたったジョンが死んだ
 巻末年表 ヨーコ・オノ クロノジー


品切れ/オノ・ヨーコ/ジェリー・ホプキンズ【著】 月村澄枝【訳】
ダイナミックセラーズ/1988年初版/¥―/B〜B−

 (カバー背上部テープによる破れ補修)
 [原書名:YOKO ONO]

 Who is the real Yoko Ono?
 〈神秘的な女、ドラゴン・レディ、ジョン・レノン夫人、ビードルズを解散させた女、億万長者、
 博愛主義者、前衛芸術家、ポップ・スーパースター、どれが本当のオノ・ヨーコだろうか?
 この本で、その奇妙な魅力が30年以上もの間大衆をやきもきさせてきた、驚くべき女性に出逢う。〉

品切れ/グレープフルーツ・ジュース/オノ・ヨーコ【著】 南風椎【訳】
講談社/1993年第1刷/¥―/B

 (カバー少ヤケ・汚れ)
 〈この本を燃やしなさい。読みおえたら。──あまりにも衝撃的なオノ・ヨーコの「グレープフルーツ」。
 東京で、のち英語版として世界で発売されたこの1冊に刺激されて、
 ジョン・レノンは名曲「イマジン」を生み出した。
 その中から言葉をえらんで訳しなおした、33人の写真家との素敵なコラボレーション!!〉

 [現在「講談社文庫」化]
Muz-0437/誰がジョン・レノンを殺したか?/フェントン・ブレスラー【著】 島田三蔵【訳】
音楽之友社 / 1990年第1刷 / ¥600 / B
 [原書名:THE MURDER OF JOHN LENNON]
 〈1980年12月、ジョン・レノン射殺。犯人の動機、犯行の背景など、肝心な部分がほとんど明かされず
 事件が処理されたことに疑問をもったイギリスのジャーナリスト・ブレスラーは、オノ・ヨーコをはじめ数多く
 の関係者に8年間にわたり緻密な取材を行い、真相を追う。そして彼が行き着いた巨大な権力とは?〉
  第1部 準備(シナリオ/CIA,YMCA,その他/マインド・コントロール ほか)
  第2部 殺人までの道筋(レノンの登場/マークの登場/殺人への秒読み ほか)
  第3部 殺害事件(殺人行/殺人への前奏曲/ジョン・レノンが死んだ日)
  第4部 事件のあと(世界がジョン・レノンの死を悼む/ショックからの回復/十年裁判の準備 ほか)
  第5部 エピローグ(アッティカ刑務所)
品切れ/アストリット・Kの存在 ビートルズが愛した女/小松成美
世界文化社/1995年初版第1刷/¥―/B
(カバー少ヤケ)
〈ビートルズと青春を共にしたアストリット・キルヒヘアへの150時間に及ぶインタビュー。
ビートルズとアストリット、それぞれの人生を変えた運命の出会いと60年代に炸裂した若いエネルギー
のすべてを本書に甦らせた。劇的な60年代―名もなきビートルズと彼らを魅了した写真家アストリット。
彼女の感性はビートルズを揺さぶり、彼らを変えた。
やがてビートルズは世界を席巻し、皮肉にもアストリットを翻弄してしまうのだった。
―知られざるビートルズと、アストリット・Kの破瀾の人生を描くノンフィクション。〉
 [現在「幻冬舎文庫」化]
Muz-0435/イエスタデイ―ポール・マッカートニーその愛と真実
チェット・フリッポ【著】 柴田京子【訳】/東京書籍/1989年第1刷/¥600/B〜B−

 (カバー=ヤケ・シミ値札剥がし跡)
[原書名:YESTERDAY]
 〈決して美しく楽しい道ばかりではなかった。
 リヴァプールの片隅に生まれた平凡な一少年がスーパー・スターになるのに、どんな現実が待っていたか。
 本国で発売されるやたちまち反響の嵐を呼んだ衝撃の本。〉
  1 アップ・オン・ザ・ルーフ/2 マザー・メアリー/3 ザ・クォリーメン/4 ザ・シルヴァー・ビートルズの頃
  5 ハンブルクへ/6 ザ・ビートルズ/7 ブライアン・エプスタイン/8 ビートルマニアたち
  9 『サージェント・ペッパー』/10 アップル/11 ウィングス/12 孤独
  ビートルズ・ツアー・スケジュール/ディスコグラフィ
Muz-0895 / エルヴィスがすべて / 湯川れい子【編著】 / ブロンズ社 / 1973年第1版 / ¥1000 / B−
 (函欠、背割れ、頁割れ・折れ、小口上部と周辺シミ)
―All About Elvis
 エルヴィス・デビュー / アメリカにおけるエルヴィス / エルヴィス・ファン・クラブ(前田キサ他) / ゴシップ・ゴシップ・ゴシップ
 エルヴィスの軌跡 / エルヴィス・インタビュー / エルヴィス・オン・ステージ(福田一郎・小松美智子) / エルヴィスは神様です(深沢七郎)
 エルヴィスがすべて
Muz-0832 / エルヴィス・ミーツ・ザ・ビートルズ―永遠の宿敵
クリス・ハッチンス&ピーター・トンプスン【著】 高橋あき子【訳】
バーン・コーポレーション│シンコー・ミュージック / 1995年初版 / ¥800 / B
(頁折れ有り)
[原書名:ELVIS MEETS THE BEATLES]
 〈たった一度の対面は彼らに何をもたらしたか。無敵のエルヴィスの座を揺るがしたビートルズ。1965年、ビートルズの絶頂期
  に、彼らと会った“キング・オブ・ロックンロール”は、ニクソン大統領に取り入り、アメリカ永住を希望するジョン・レノンを生涯、
  抹殺しようとしつづけた。嫉妬深いマザコン、奇妙な性癖、クスリ漬けの日々、女の扱い方、破滅に向かう波乱に満ちた人生…
  自分をコントロールできないよく似た二人の天才―愛国者エルヴィス・プレスリーと反戦主義者ジョン・レノン両者の裏の顔まで
  よく知る著者ハッチンスは、今世紀最大のスーパースターを比較しながら、知られざるエルヴィスとジョンの核心に触れる。〉
Muz-0861 / エルビス
ジェリー・ホプキンズ【著】 片岡義男【訳】
角川文庫 / 1973年初版 / ¥600 / B−

 (カバー摺れ・傷、ヤケ・シミ、背割れ)
―ELVIS
 テュペロ / 幼年期 / ハイスクール / 陽がのぼる / 陽が沈む
 熱狂 / 陸軍生活 / 帰郷 / メンフィス・マフィア / 結婚と変貌
 ラスベガス出演 / いまのエルビス


Muz-0833 / エルヴィスに抱かれたギターたち / ビリー諸川
バーン・コーポレーション│シンコー・ミュージック/1997年初版/¥1800/B〜B−

 (カバー上部擦れによる傷み〜微破有り)
〈あまり語られることのなかったギタリストとしてのエルヴィス、彼が手にしたギターや楽器にまつわる事実。〉
 エルヴィスに抱かれたアコースティック・ギターたち/一枚の写真からの考察
 ギタリストとしてのエルヴィスを考察する/エルヴィスのピアノ
 〈シェイク・ラトル・アンド・ロール〉の電気ギター/エルヴィスの喉
 弦の金具/〈ジャスト・ビコーズ〉の“シャカ、シャカ”音/いい話からの推測
 僕のお伽噺(マイ・フェアリテイル)/映像のなかの発見/我がギター遍歴

Muz-0425 / エルビス [海外ベストセラーシリーズ16]
ジェリー・ホプキンズ【著】 片岡義男【訳】

角川書店 / 1971年5版 / ¥1400 / B

 (カバー背上部微破、若干割れ気味)
 [原書名:ELVIS]
 最初にアイデアをくれたジム・モリソンに捧ぐ・・・・・・
  テュペロ / 幼年期 / ハイスクール / 陽がのぼる / 大佐-1. / 陽が沈む
  熱狂 / 陸軍生活 / 帰郷 / メンフィス・マフィア / 映画 / 大佐-2. / 結婚
  変貌 / ラスベガス /ファンたち / いまのエルビス
  付録 ディスコグラフィ    [現在入手不可]
品切れ / 私のエルヴィス
ベッキー・ヤンシー/クリフ・ラインデッカー【著】 菅野彰子【訳】

サンリオ / 1978年 / ¥― / B

 (1箇所軽く折れ目、1箇所極微破)
 [原書名:MY LIFE WITH ELVIS]
 13年間を、エルヴィスの秘書として過した女性の、淡々とした記述の中に、
 精一杯に生き、愛し、傷つきながら孤独のうちに死んでいった王者の、
 暖かい息使いが感じ取れるようで、何度か胸がつまりました。・・・(湯川れい子)
 [現在入手不可]
Muz-0427 / プレスリーよ永遠に [スターランドDELUX VOL.5]
スターランド社【編】 / 徳間書店 / 1977年10月 / ¥2000 / B

 
[エルビス・プレスリー追悼号]
  メモリアル カラー グラフ Stage Screen & Private
  エルビス・プレスリー物語
  想い出のヒット曲集

Muz-0387/BOWIEPIX/Omnibus Press (UK)/1983年?/¥―/
 (表紙・裏表紙=擦れ・傷等有り)
 Book concept and design by Pearce Marchbank
 Photo research by Valerie Boyd
 Magazine 36 pages. 1983
 Contains b&w photos except front and back cover + "Giant Colour Portrait" poster

  ※36頁のペラペラな写真集です〜綴じ込みのポスター付。
  書影の赤い部分はスキャナー取り込みの為です。

Muz-0461 / キャプテン和田のジャーマン・メタル / 和田誠
シンコー・ミュージック / 1992年初版 / ¥1200 /
 CAPTAIN WADA'S GERMAN METAL
  CAPTAINが選んだジャーマン・メタル・ディスコグラフィー。
  “MELODIC SPEED METAL,THRASH METAL、POWER METAL、
  HARD ROCK”の各項目をアーティスト別で掲載。
  +ジャーマン・メタル界を支える人々の生々しいコメント。
  +CAPTAINのドイツ旅行記等々。
 [現在入手不可]

品切れ / モトリー・クルー オフィシャル・バイオグラフィー
ダンテ・ボヌート【著】 渡辺淳【訳】
シンコー・ミュージック / 1986年初版 / ¥― / B
 〈L.A.メタルから、今や世界のロックンロール・ヒーローとなった
 我らがモトリー・クルー。
 このハリウッド生まれの"破壊の天使たち"の素顔を
 『ケラング!』誌副編集長ダンテ・ボヌートが、遂に明らかにする!!〉

古本屋あなもん≪second-hand bookshop : anamon≫